本当に怖い脳の病気【予防や改善方法を知って脳の健康マスター】

医者と先生

いつもと違うと思ったら

ひどい頭痛に悩んでいたら

医療機器

最近頭痛に悩まされて困っているという人はいませんか。もしかするとそれは脳の病気かもしれません。意外と頭痛は軽く見られがちで、「少し休めばよくなる。」とか「ちょっとの痛みは我慢。」といったように頭痛は病気ではないといった考えの人が多いのも事実です。しかし頭痛はちゃんとした病気であり、頭がズキズキ、ガンガン痛む偏頭痛も、肩こりや首こりからくる緊張型頭痛も病気の一つと言えるのです。これらの頭痛は薬を飲んだり処置をしたりすればいずれ痛みが治まり、通常の生活に戻ることができるのですが、もし痛みがずっと続いていたり、痛みがひどくなったりする場合には脳の病気を疑った方がいいかもしれません。また突然激しい頭痛が起こったらそれは要注意です。すぐに救急車をよび、一刻も早く病院へ向かいましょう。頭痛といっても決して侮ってはいけませんし、むしろ日頃から注意しておかなければならないでしょう。いつもと違うと感じたらすぐに病院を受診することをおすすめします。それで命の危険を回避することもできるのです。

MRI検査をしましょう

「脳の病気は恐ろしい。」と病院へいきたがらない人も多いのですが、脳ドックを受けることも大事です。医師の問診のほかにMRIでチェックします。MRI検査を受けると、脳にできた腫瘍や血栓を見つけることができます。CTでは細かい血管まで確認できない場合もあるので、MRI検査をおすすめします。特に初期の段階で見つかれば命の危険につながるリスクも少なくなるので、40代を過ぎた頃から脳ドックを受けみるとよいでしょう。また脳の病気を防ぐためには、日頃の生活習慣を見直すことも大事です。特に高血圧の人や肥満体型の人は、食事や睡眠、運動などにも気をつけましょう。脳の病気は怖いと思われがちですが、検査を行うことで早期発見もできますし、病気にならないように気をつけることもできます。日頃から自分自身が気をつけて生活していればリスクを回避することもできますから、40代を過ぎた頃から自分の体をいたわり、年に一度の定期検診を心がけるようにしましょう。それだけでもだいぶ違うのです。